子どもの社会性の発達

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,741
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会性が社会的関係性を意味する人と人との関わり方である点を考慮すると、子どもにとっての社会性の発達も例外なく、人との関係によって発達すると思われる。
    子どもが母胎から生まれるという揺ぎ無い事実から鑑みても、子どもの社会性の発達の基盤となるのは、やはり母親との関係であるといえる。そして、その関係は子どもが胎児の時から始まっている。胎児は六ヶ月頃から母親の体内で母親の心音をききとり、母体の動きを感じとっている。そして乳児は誕生と共に母親との直接的で高頻度な接触をはじめるのである。母親が授乳時に語りかけたり、名前を呼んであやしたりする時、乳児はどのような場面にどのような人物がどのように関わっているかを知り始め、その人との関係やその場の状況を巧みに感じとることができるようになるのである。こうしたことから、いかに早い時期から母親との接触が重要な意味を持つかが理解できる。
    逆に言うならば、乳児期の確実な母子間関係の形成がなされなければ、愛着形成やコミュニケーション技術の獲得、価値の伝津などがなされず、その後の幼児期の発達にも何らかの弊害がもたらされるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会性が社会的関係性を意味する人と人との関わり方である点を考慮すると、子どもにとっての社会性の発達も例外なく、人との関係によって発達すると思われる。
    子どもが母胎から生まれるという揺ぎ無い事実から鑑みても、子どもの社会性の発達の基盤となるのは、やはり母親との関係であるといえる。そして、その関係は子どもが胎児の時から始まっている。胎児は六ヶ月頃から母親の体内で母親の心音をききとり、母体の動きを感じとっている。そして乳児は誕生と共に母親との直接的で高頻度な接触をはじめるのである。母親が授乳時に語りかけたり、名前を呼んであやしたりする時、乳児はどのような場面にどのような人物がどのように関わっているか..

    コメント2件

    kerokerogaer 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/03/21 17:16 (9年8ヶ月前)

    nayu0909 購入
    参考になった
    2007/06/17 9:31 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。