ジョン・ロックの教育論

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,398
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ジョン・ロックの提唱した教育論、すなわち紳士教育とは一体どのようなものであろうか。
    まず、『紳士が健全な身体と道徳と知識を持っている者(1)』であることを押さえなければならない。そしてそれを最終目標としたのが紳士教育である。ロックは紳士が『理性、宗教、良きしつけを基礎として育成されるものとした(2)』。そしてそれは『日々の道徳教育機関である家庭によって達成しうる(2)』と説いた。すなわち、ロックは家庭教育こそ教育の原点であると考えたのである。
    では、その紳士を目標とした教育はどのようなものだったのか。ロックは、子どもは生まれたその時には善でも悪でもなく、まだ白紙で無の状態であると考え、それは経験によって、すなわち観念の結びつきによって色づけされると考えた。そして、その観念を結びつけるための教育として『習慣づけと訓練(身体的訓練と精神的訓練)を重視(1)』したのである。ロックの見解においては、教育とはつまり習慣形成であるということが強く示されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ』。
    ジョン・ロックの提唱した教育論、すなわち紳士教育とは一体どのようなものであろうか。
    まず、『紳士が健全な身体と道徳と知識を持っている者(1)』であることを押さえなければならない。そしてそれを最終目標としたのが紳士教育である。ロックは紳士が『理性、宗教、良きしつけを基礎として育成されるものとした(2)』。そしてそれは『日々の道徳教育機関である家庭によって達成しうる(2)』と説いた。すなわち、ロックは家庭教育こそ教育の原点であると考えたのである。
    では、その紳士を目標とした教育はどのようなものだったのか。ロックは、子ど..

    コメント3件

    reportsan 購入
    (2)ってのが残ってて、コピペでつくったのかなと・・・
    2005/12/02 1:50 (8年9ヶ月前)

    lalala 購入
    参考になりました
    2006/05/19 8:28 (8年3ヶ月前)

    yesman 購入
    参考になりました.
    2006/08/08 21:43 (8年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告