思春期の人工妊娠中絶

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,676
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    身体的危険
     中絶手術を受ける10代は、大人の女性と比較して中絶中に頚管裂傷になる可能性が2倍あります。(★2)
    1回目の妊娠を中絶すれば、乳癌になる可能性が30〜50%高くなることが研究によって示されています。(★2)
    など、具体的に10代での中絶の身体的危険を示す証拠は論文として発表されている。しかしながら、実際にこのような危険を認識している人はごく少数であろう。実際自分もこの論文を読むまでは、なんとなく危険な気がする、程度の認識しかしていなかった。学校教育などを見ても、あまりこのような事実をはっきり示している場合はまれである。より一層、危険についての教育が必要ではないだろうか。

    精神的危険
     大人になって中絶をした女性と比較して、10代で中絶をした女性は、
    自殺をする可能性が2〜4倍高い。
    精神的な問題を発症しやすい。
    人間関係に問題を生じやすい。
    一般的に、中絶に関するカウンセリングとガイダンスの必要性が高い。
    普通の女性より、精神病院に入院する可能性が約3倍高い。(★2)
    というデータが出ている。中絶というのは、自分に授かった命を殺すという意味で、特に女性にとっての精神的なショックは大きいだろう。特に思春期の中絶では、知識不足から妊娠に気付くのが遅れたり、親に相談できない、経済的理由などで対処が遅れ、妊娠中期にまで中絶がもつれこんでしまう場合が多い。そのころになると、自分でもおなかの中に赤ちゃんがいるのがわかるし、中期での中絶は処置も異なり入院が必要になるなど、精神的苦痛はより大きくなると考えられる。特に精神的危険の問題点は、中絶が終わってもそれが心の中で解決するまでずっと続くということであろう。その結果としての上のデータは納得がいく。また身体的な問題と違って対処が難しい事柄であり、思春期における妊娠中絶をした後の子の、精神面でのケアが特に大切であろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康教育論
    タイトル「思春期の人工妊娠中絶」
    初めに
    現在、20歳未満の人工妊娠中絶が急激に増えている(図1)このレポートでは、特に十代の人工妊娠中絶の問題点をあげ、その対処法について自分の考えを書いていくことにする。
    図1(★1) 年齢別人工妊娠中絶の年次推移    
    身体的危険
    中絶手術を受ける10代は、大人の女性と比較して中絶中に頚管裂傷になる可能性が2倍あります。(★2)
    1回目の妊娠を中絶すれば、乳癌になる可能性が30~50%高くなることが研究によって示されています。(★2)
    など、具体的に10代での中絶の身体的危険を示す証拠は論文として発表されている。しかしながら、実際にこのような危険を認識している人はごく少数であろう。実際自分もこの論文を読むまでは、なんとなく危険な気がする、程度の認識しかしていなかった。学校教育などを見ても、あまりこのような事実をはっきり示している場合はまれである。より一層、危険についての教育が必要ではないだろうか。
    精神的危険
    大人になって中絶をした女性と比較して、10代で中絶をした女性は、
    自殺をする可能性が2~4倍高い。
    精神的な問題を発症しや..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。