ハス科とスイレン科の違い

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数819
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハス科とスイレン科の違い
                      
    1、はじめに
    かつてハス科は、その形状がスイレンとよく似ていることから、スイレン科の中に含まれてきた。しかし、近年の研究で、ハス科とスイレン科は全く別の科であることが分かってきた。以下でその違いについて考察する。
    2、形態的な違い
    一見一緒に見えるハス科とスイレン科だが、よく観察すると花、葉、根などに違いが見られる。
    A)花の違い
    ハスの花が水面から高いところで咲くのに対して、スイレンの花は水面近くで、浮かぶようにして咲く。熱帯スイレンの場合は実際に花が水面に浮いている。
    また、ハスの場合、花びらが散ったあと、果托ができる。果托と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。