社会保険制度の立直しと新制度の設立

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数403
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保険制度の立直しと新制度の設立
     太平洋戦争によって、我が国は経済的にも社会的にも大きな被害を受けたが、社会保険制度も戦後の混乱の中で存亡の危機に立たされることになった。なかでも物価高騰の影響は甚大であった。昭和20年代の前半は、社会保険制度にとってもこうした制度崩壊の危機からの脱出を懸命に試みた時期であった。
    戦争による工場・機械の破壊、終戦に伴う軍需工場の閉鎖などによる失業者の増大と戦後の急激な物価上昇は、被用者保険である健康保険制度を崩壊の危機に陥れた。終戦直後の数年間は、何よりも健康保険の制度自体を守ることが最大の課題であった。その後の数年間、物価の上昇や保険診療の急激な増加及び医..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。