高齢化社会に対応した医療保険・年金制度等の確立

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数594
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢化社会に対応した医療保険・年金制度等の確立
    第1項 老人保健法の創設と改正
    昭和48年の老人医療費無料化制度により、老人医療費は著しく増加した。それに伴い、国民健康保険制度の負担が著しく高まり、保険者団体は、各保険者間の公平な負担を求める声を高めた。また、老人医療費無料化制度は、医療資源の非効率な活用をも生み出した。さらに、疾病治療に偏った姿を改め、予防やプライマリ・ケアを重視し、積極的な健康づくりを目指す包括保健体制の確立が求められた。
    こうした背景のもと、「老人保健法」は、昭和57年に成立した。「老人保健法」の成立によって、疾病の予防、治療、機能回復訓練等の各種保健事業の総合的実施、老人の加入率の違いに伴う各保険集団間の老人医療費負担の格差を公平化すること、老人医療費への一部負担の導入などが図られることとなった。壮年期からのヘルス事業を進めるとともに、社会連帯の精神に基づき老人医療費を各医療保険制度が共同して負担するという、我が国医療保険史上でも画期的な制度であった。これによって老人医療費の費用負担の公平化が図られ、老人医療費による国民健康保険への重圧は緩和されることとなった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。