社会保険制度の展開

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数338
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保険制度の展開
    国民健康保険制度の成立
     昭和13年、医療費の軽減に重点を置いた「国民健康保険法」が成立する。成立した要因として、国民体位の低下に対する危機意識の高まり、兵力・労働力の涵養対策、といったことが挙げられる。
    国民皆保険運動の進展
     国民健康保険制度は順調に普及したが、長期戦の様相を呈するなかで「健兵健民策」の重要度が増し、更なる拡大が図られた。昭和17年、国民皆保険政策を遂行するため「国民健康保険法」の改正が行われる。この後、いったんはほぼ国民皆保険が達成され、戦後の皆保険制度への礎石となる。
    健康保険法の改正(家族給付の創設と結核給付期間の延長)
     昭和2年施行の健康保険制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。