厚生省の創設

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数314
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    厚生省の創設
    第1項 戦時体制への移行
     第2編の時期は、昭和13年厚生省創設から昭和20年ポツダム宣言の受諾までであって、昭和12年日華事変の拡大、更に太平洋戦争という戦争の時代である。
    いわゆる「日華事変」前夜の状況
     わが国は、昭和6年に始まった満州事変、昭和7年の満州国建国によって、経済が回復し、世界恐慌から脱出する。列強がブロック経済化を始めるとともに、わが国は、朝鮮や満州に進出し経済圏域の拡大を図る。昭和11年、2・26事件を契機に成立した広田内閣では、陸海軍大臣現役制が復活するなど、「国防の充実」が最重要国策とされた。昭和12年近衛内閣では、財政経済三原則が発表され、国際収支の均..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。