日本国憲法からわかる日本という国家システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数718
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ? 憲法概念
    1 憲法の存在意義
    1・1 近代における憲法の存在意義とは何なのか
    国家は市民と権力者に分けられる。国家としての権力者は市民のために権力を適切に行使させる。しかし、それが国益には何ももたらさないということがありうる。その場合において、市民は「権力者であっても従わなければならないルールがあるのではないか」という懐疑・不信感を持つ。そこで市民は、憲法という国家運営の基本・根本ルールを作ることで、国家権力に守らせようとする。すなわち、憲法とは市民が権力者につけた足枷であり、人為的に作られたものである。
    2 立憲的意味の憲法・名宛人
    2・1 立憲的な憲法とは何なのか
    立憲主義とは、権力を制限して市民の自由を広く制限することである。その思想に基づいている憲法とは、公権力という名宛人に対し、市民が守らせるという規範である。すなわち、立憲的意味の憲法において権利の主体は市民であり、公権力はあくまでも義務の主体である。
    ? 日本国憲法における統治組織の概略
    3 国民主権
    3・1 国民主権とは何なのか
     国民主権とは、国家の主権である統治権が人民にあることをいう。国民主権は、市民である統治者と被統治者が同じであるという政治的理念、民主主義国家における制度の現れである。
    4 民主主義
    4・1 民主主義の理念とは何なのか
     現代における民主主義は、民衆の政治の実現を目的としている。日本国憲法における民主主義の表れとしては国民の選挙権・国会の最高機関性・議院内閣制・憲法改正など多くの規定がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ 憲法概念
    1 憲法の存在意義
    1・1 近代における憲法の存在意義とは何なのか
    国家は市民と権力者に分けられる。国家としての権力者は市民のために権力を適切に行使させる。しかし、それが国益には何ももたらさないということがありうる。その場合において、市民は「権力者であっても従わなければならないルールがあるのではないか」という懐疑・不信感を持つ。そこで市民は、憲法という国家運営の基本・根本ルールを作ることで、国家権力に守らせようとする。すなわち、憲法とは市民が権力者につけた足枷であり、人為的に作られたものである。
    2 立憲的意味の憲法・名宛人
    2・1 立憲的な憲法とは何なのか
    立憲主義とは、権力を制限して市民の自由を広く制限することである。その思想に基づいている憲法とは、公権力という名宛人に対し、市民が守らせるという規範である。すなわち、立憲的意味の憲法において権利の主体は市民であり、公権力はあくまでも義務の主体である。
    Ⅱ 日本国憲法における統治組織の概略
    3 国民主権
    3・1 国民主権とは何なのか
     国民主権とは、国家の主権である統治権が人民にあることをいう。国民主権は、市民である統治..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。