インプリンティングについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,207
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     出生直後あるいは生後間もない時期の経験のうち、成長してからの行動に大きな影響を及ぼすことを「初期経験」という。初期経験の代表として、「社会的隔離」や「感覚的経験制限の影響」の例が考えられるが、今回は「刻印づけ」や「刷り込み」と言われる「インプリンティング(imprinting)」について取り上げたいと思う。
     この研究で一番有名なのは「比較行動の父」と呼ばれ、数々の本を出版した動物行動学者のローレンツ(Lorenz.K.)が行った実験研究である。彼はハイイロガンのヒナを自分の手で人工孵化させた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     出生直後あるいは生後間もない時期の経験のうち、成長してからの行動に大きな影響を及ぼすことを「初期経験」という。初期経験の代表として、「社会的隔離」や「感覚的経験制限の影響」の例が考えられるが、今回は「刻印づけ」や「刷り込み」と言われる「インプリンティング(imprinting)」について取り上げたいと思う。
     この研究で一番有名なのは「比較行動の父」と呼ばれ、数々の本を出版した動物行動学者のローレンツ(Lorenz.K.)が行った実験研究である。彼はハイイロガンのヒナを自分の手で人工孵化させた。すると、そのヒナたちはずっと彼の後ろを付いて回るようになったのである。ガン、ひいてや、一般に成熟し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。