科学と安全−食の安全−

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数399
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート農学農薬食品輸入安全毒性

    代表キーワード

    農学農薬毒性

    資料紹介

    1.緒言
     食卓にならぶ食品の約6割が輸入物である。私たちの健康は輸入食品に左右される。その輸入食材に問題が多発している。冷凍ジャガイモから発ガン性が疑われている殺虫剤の検出(94年)、殺虫剤に汚染されたオーストラリア産の牛肉(同年)、使用禁止の殺菌剤TBZに汚染されたアメリカ産のリンゴの発売中止(95年)など、残留農薬の話題だけでも枚挙にいとまが無い。
    2.農薬とは
    ・選択性
     病害虫や雑草を防除する高い活性
    ・コスト
     病害虫による被害よりも安価でなくてはならない
    ・環境影響
      環境中で速やかに消失する(植物体、光、土壌)
      生態系に影響があってはいけない
    3.農薬の毒性
     農薬の毒性については、日本では必ずしも安全性の基準や規制が明確ではない、発ガン性などの特殊毒性がまず問題になる。実際わが国ではガン患者が増加し続けているが、食品中の残留農薬もガンの重要な要因の一つと考えられている。
     農薬の毒性には一般毒性(急性毒性・魚毒性・亜急性毒性・亜慢性毒性・慢性毒性)と特殊毒性(発ガン性・変異原性・催奇形性・生殖毒性・免疫毒性)があるが、発ガン性を含め特殊毒性は大変恐ろしい毒性である。
     特殊毒性と一般毒性の大きな違いの一つは、毒物の投下量(摂取量)と毒性の発現・発症率の関係に閾値があるかないかである。その関係をモデル図にした(図?)。
    図? 農薬の投与(摂取)量と発症率の関係
     この図で分かるように、一般毒性の場合、一定の量以下であれば毒性の発現(発症)がない。このことを閾値があるという。これに対し、特殊毒性の場合、どんなに微量であっても、投与量がゼロにならなければ特性の発現がある。これを閾値がないという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科学と安全 -食の安全-
    1.緒言
    食卓にならぶ食品の約6割が輸入物である。私たちの健康は輸入食品に左右される。その輸入食材に問題が多発している。冷凍ジャガイモから発ガン性が疑われている殺虫剤の検出(94年)、殺虫剤に汚染されたオーストラリア産の牛肉(同年)、使用禁止の殺菌剤TBZに汚染されたアメリカ産のリンゴの発売中止(95年)など、残留農薬の話題だけでも枚挙にいとまが無い。
    2.農薬とは
    ・選択性
    病害虫や雑草を防除する高い活性
    ・コスト
    病害虫による被害よりも安価でなくてはならない
    ・環境影響
      環境中で速やかに消失する(植物体、光、土壌)
      生態系に影響があってはいけない
    3.農薬の毒性
     農薬の毒性については、日本では必ずしも安全性の基準や規制が明確ではない、発ガン性などの特殊毒性がまず問題になる。実際わが国ではガン患者が増加し続けているが、食品中の残留農薬もガンの重要な要因の一つと考えられている。
     農薬の毒性には一般毒性(急性毒性・魚毒性・亜急性毒性・亜慢性毒性・慢性毒性)と特殊毒性(発ガン性・変異原性・催奇形性・生殖毒性・免疫毒性)があるが、発ガン性を含め特殊毒性は..

    コメント1件

    pinktulip 購入
    役立ったしこれからも役立ちそう
    2007/01/17 0:23 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。