身体・精神・社会の健康

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数755
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     WHO憲章は「健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」と定義している。このような健康を保つためには、予防方法を知らなければならない。
     身体の健康とは、主に肉体的に健全なることをいう。近年の医療技術の進歩や食生活により、平均寿命は延びたものの、それに伴って問題となっている主なものが生活習慣病である。
     生活習慣病は、老化によって「系統的に特定器官が病理変化をあらわす」ものであり、脳卒中、心臓病、がんなどがある。
     脳卒中や心臓病の循環器疾患の予防は、塩分摂取量をひかえ、動物性脂肪、カロリー減少、禁煙によって発病要因を押さえることなどがある。
     また、がんは原因が完全に究明されていないが、発がん物質を摂取しないようにしたり、定期的な健康診断によって「早期発見、早期摘出」を行ったりすることが大切である。これら、生活習慣病一般の対策は、成人病熟知、自己の身体の把握、定期検診、日常生活の適正、自覚症状が無いことを忘れないことである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    身体・精神・社会の健康について述べなさい。
    (1)はじめに
    WHO憲章は「健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であ
    り、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」と定義している。このよう
    な健康を保つためには、予防方法を知らなければならない。
    (2)身体の健康
    身体の健康とは、主に肉体的に健全なることをいう。近年の医療技術の進歩
    や食生活により、平均寿命は延びたものの、それに伴って問題となっている主
    なものが生活習慣病である。
    生活習慣病は、老化によって「系統的に特定器官が病理変化をあら
    わす」も
    のであり、脳卒中、心臓病、がんなどがある。
    脳卒中や心臓病の循環器疾患の予防は、塩分摂取量をひかえ、動物性脂肪、
    カロリー減少、禁煙によって発病要因を押さえることなどがある。
    また、がんは原因が完全に究明されていないが、発がん物質を摂取しないよ
    うにしたり、定期的な健康診断によって「早期発見、早期摘出」を行ったりす
    ることが大切である。これら、生活習慣病一般の対策は、成人病熟知、自己の
    身体の把握、定期検診、日常生活の適正、自覚症状が無いことを忘れないこと
    である。
    また、..

    コメント2件

    soccer1983 購入
    参考(1)中西 健夫 生と死の倫理学
    ナカニシヤ出版 2004年
    2006/05/26 19:51 (10年6ヶ月前)

    ma1012 購入
    good!
    2006/10/11 16:47 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。