行動科学諸理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数967
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.マズローの「欲求5段階説」について
    アメリカの心理学者であるマズローは、人間の欲求を5つに分類して、低次の欲求が満たされると、より高次の欲求が生じてくるという「欲求段階説」を提唱した。1.生理的欲求2.安全欲求 3.社会的欲求 4.自我欲求 5.自己実現欲求の5つにわけられる。
    2.アージリスの「未成熟→成熟理論」
    組織の中で人間は、7つのレベルで、未成熟段階から成熟段階へと向かう。組織は個人の自己実現欲求の満足過程と、組織目標が一致するような政策をとらなければならない。そのためには、1、職務における能力発揮の機会をふやす2、職務内容の決定にその担当者を参加させるこの2つが必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行動科学諸理論について
    マズローの「欲求5段階説」について
    アメリカの心理学者であるマズローは、人間の欲求を5つに分類して、低次の欲求が満たされると、より高次の欲求が生じてくるという「欲求段階説」を提唱した。1.生理的欲求 2.安全欲求 3.社会的欲求 4.自我欲求 5.自己実現欲求の5つにわけられる。
    2.アージリスの「未成熟→成熟理論」
    組織の中で人間は、7つのレベルで、未成熟段階から成熟段階へと向かう。組織は個人の自己実現欲求の満足過程と、組織目標が一致するような政策をとらなければならない。そのためには、1、職務における能力発揮の機会をふやす2、職務内容の決定にその担当者を参加させるこの..

    コメント3件

    karamazof 購入
    簡略化されていて見やすいが。
    2006/01/07 2:40 (10年11ヶ月前)

    toshifumi 購入
    よかったです。
    2006/04/28 16:54 (10年7ヶ月前)

    lg1155 購入
    助かりました。
    2006/12/02 13:17 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。