障害者福祉論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数166
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害者援助の基本原則とそれに基づく援助の諸方法をまとめなさい。その上で、障害者が、自分らしく生活することの意義を考え、さらに、それを可能にするための相談援助活動のあり方について、あなた自身の体験も踏まえて具体的に考察し、論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者福祉論
    障害者援助の基本原則とそれに基づく援助の諸方法をまとめなさい。その上で、障害者が、自分らしく生活することの意義を考え、さらに、それを可能にするための相談援助活動のあり方について、あなた自身の体験も踏まえて具体的に考察し、論述しなさい。
     「知的障害者もほかの市民と同じ権利と義務をもつべきである」というノーマライゼーションの考え方の実現に向けて、障害のある人もない人も、だれもが住み慣れた地域社会で普通の生活を営み、活動できる社会を構築することを目指す必要がある。このため、障害者の地域生活支援を通して、地域住民が積極的に障害者を支える仕組みをつくることも重要である。この支援を実現するためにケアマネジメントがある。ケアマネジメントは、地域に散在する支援を一体的・総合的に提供しようとする相談支援の1つの方法である。
     このケアマネジメントは、1970年代のアメリカにおける精神医療にみられた。当時、アメリカは、ノーマライゼーション思想のもとで、知的障害者の問題から脱施設を中心とした制度改革に取り組む必要が生じ、数々の大規模施設の縮小・解体と地域生活推進のための基盤整備が行なわれた。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。