教科「情報」の教育目標

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数522
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在の日本は、情報化社会を迎え、コンピュータが企業から家庭レベルへという変化の時代を迎えている。今後、勉強や仕事、プライベートでもコンピュータやネットワークなどの情報手段を活用することが当り前の時代を迎えるであろう。したがって、自分の仕事や生活をよりよくするためには、情報手段の活用や情報そのものを活用する能力が必要になってくるのだ。このような技術を身に付けないと、今後の社会では、生活においても、就職の選択肢においても、幅が狭まることが予想される。これが、教科「情報」が設置され、必修科目となった背景である。
     これからの社会では、さまざまな情報が身の回りにあふれてくる。この中から本当に自分が必要とする情報を主体的に活用する能力を身につけるためには、情報がどのように作り出され流通しているのか、その基本的な仕組みを見抜く力についても養っておく必要がある。このような目的の教育を情報教育と呼んでいる。
     これからの情報教育は、小学校、中学校、高等学校を通して、体系的に構成されている。
    小学校では、「総合的な学習の時間」をはじめとして、各教科でコンピュータを活用することになっている。中学校では、技術・家庭科の技術分野「B情報とコンピュータ」で位置付けられている。
     高等学校においての「情報」は、その流れをうけ、さらに深めていくことになるが、その目標は、以下の通りである。
    ?情報活用の実践力
     課題や目的に応じて情報手段を適切に活用することを含め、必要な情報を主体的に収集・判断・表現・処理・創造し、受け手の状況などを踏まえて発信・伝達できる能力を養うこと。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在の日本は、情報化社会を迎え、コンピュータが企業から家庭レベルへという変化の時代を迎えている。今後、勉強や仕事、プライベートでもコンピュータやネットワークなどの情報手段を活用することが当り前の時代を迎えるであろう。したがって、自分の仕事や生活をよりよくするためには、情報手段の活用や情報そのものを活用する能力が必要になってくるのだ。このような技術を身に付けないと、今後の社会では、生活においても、就職の選択肢においても、幅が狭まることが予想される。これが、教科「情報」が設置され、必修科目となった背景である。
     これからの社会では、さまざまな情報が身の回りにあふれてくる。この中から本当に自分が必要とする情報を主体的に活用する能力を身につけるためには、情報がどのように作り出され流通しているのか、その基本的な仕組みを見抜く力についても養っておく必要がある。このような目的の教育を情報教育と呼んでいる。
     これからの情報教育は、小学校、中学校、高等学校を通して、体系的に構成されている。
    小学校では、「総合的な学習の時間」をはじめとして、各教科でコンピュータを活用することになっている。中学校では、技..

    コメント3件

    homesweet 購入
    分かりやすかった。
    2006/01/11 18:39 (10年11ヶ月前)

    yuupyon 購入
    参考になりました。ありがとうございました。
    2006/11/08 20:13 (10年1ヶ月前)

    みん 購入
    とてもわかりやすかったです♪ありがとうございました☆
    2006/11/30 2:33 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。