社会と情報

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数589
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代はまさに情報化社会への移行期にある。このことはすなわち、私達の情報を「受ける」、あるいは「送る」という行為、すなわちコミュニケーションの形態が大きく変革しようとしているということを示唆している。
    本リポートでは、現代日本社会にみかけられるようになった現象に注目し、そこから情報とコミュニケーションの在り方について探求する。
    1.現代日本社会におけるメディア
    戦後日本においては、TVや雑誌といったマスメディアの急速な拡大を背景に、多くの人々に様々な、しかも多大な情報が伝えられるようになった。
    中でも、マスメディアから伝えられる情報で、若年層の無意味な暴力行為、あるいは壮年層の汚職や偽造といった社会ルールに反する行為は、近年増加の一方を辿っている。
    浮浪者への集団暴行、オヤジ狩り、あるいは「儲からない」という理由で行われる不法投棄や、「めったに発病しない」という理由で伏せられたHIV汚染血清の問題等々・・・。
    「日本は変わった。」「昔はこんなではなかった。」という懐古的批判も耳にする。しかし、社会の変化を逆行することは出来ない。この状況を受止め、要因を探り、その上で新たなより良いと思われる方向を模索することこそが私達に求められる行動なのである。
    一体、何故このような現象が現代日本社会で多発するようになってきたのであろうか?
    私はこの課題を読み解く糸口として、人間の社会的発育にもたらす情報とコミュニケーションの関わりについて考えようと思う。
    人にとって社会化の基礎となる価値観の形成はどの様になされるのか、その中で情報やコミュニケーションはどういった役割を果しているのかについて探求することで、上記の課題を読み解き、更に情報やコミュニケーションが今後どうあるべきかについて提言したい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報とコミュニケーションについて
    +++ * +++
    現代はまさに情報化社会への移行期にある。このことはすなわち、私達の情報を「受ける」、あるいは「送る」という行為、すなわちコミュニケーションの形態が大きく変革しようとしているということを示唆している。
    本リポートでは、現代日本社会にみかけられるようになった現象に注目し、そこから情報とコミュニケーションの在り方について探求する。
    現代日本社会におけるメディア
    戦後日本においては、TVや雑誌といったマスメディアの急速な拡大を背景に、多くの人々に様々な、しかも多大な情報が伝えられるようになった。
    中でも、マスメディアから伝えられる情報で、若年層の無意味な暴力行為、あるいは壮年層の汚職や偽造といった社会ルールに反する行為は、近年増加の一方を辿っている。
    浮浪者への集団暴行、オヤジ狩り、あるいは「儲からない」という理由で行われる不法投棄や、「めったに発病しない」という理由で伏せられたHIV汚染血清の問題等々・・・。
    「日本は変った。」「昔はこんなではなかった。」という懐古的批判も耳にする。しかし、社会の変化を逆行することは出来ない。この状況を受..

    コメント3件

    akira0829 購入
    参考になりました
    2006/07/20 1:40 (10年4ヶ月前)

    tid06521 購入
    意味の通らない文や脱字が見られるが、章同士のつながりは明確に書かれており、その点は分かりやすい
    2007/07/23 17:47 (9年4ヶ月前)

    kjp 購入
    佛教大学のレポートではなかったのですね。教科書の1章・2章に触れられていない。
    2008/05/01 17:25 (8年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。