ネットワークアーキテクチャにおける階層化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数804
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    21世紀を迎え、コンピュータや携帯電話といった情報通信機器が社会に浸透し、通信手段のひとつとして、今や一般家庭でも無くてはならない物になりつつある。その普及と高度化は、他の電化製品に類を見ないほどの速度で進んでいる。
    そもそも日本でのデータ通信は、企業内活動の合理化のために、距離のある支店・支社を結ぶ手段として発達を遂げた。しかし、各企業で無秩序に開発が行われたため、その企業内限定でしか使えず、お互いの企業同士のやり取りは困難なものであった。
    ここに、プロトコルの階層化の重要性を説明する糸口を見つけることが出来る。すなわち、勝手に自分達だけできめたルールで情報のやり取りをすると、それは狭い世界の中でしか通用しない。広く社会一般に通用させようとすれば、公式のルールが必要となるのである。
    大規模化するコンピュータネットワークを効率良く構築していくためには、その構成要素間の機能分担やプロトコルなどをネットワークアーキテクチャとして体系的に定めることが必要なのである。
    ここで、「ネットワークアーキテクチャ」と「プロトコル」、「階層化」とは何かを説明する。
    ネットワークアーキテクチャとは、コンピュータネットワークの建築様式のことで、二つの端末、あるいは人間が通信するための両者間の階層化された約束事のことである。ネットワークアーキテクチャの世界では、通信の決まりごとを「プロトコル」と言う。
    「プロトコル」とは、ネットワークを介してコンピュータ同士が通信を行う上で、相互に決められた約束事の集合のことである。通信手順、通信規約などと呼ばれることもある。英語しか使えない人と日本語しか使えない人では会話ができないように、対応しているプロトコルが異なると通信することができない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     21世紀を迎え、コンピュータや携帯電話といった情報通信機器が社会に浸透し、通信手段のひとつとして、今や一般家庭でも無くてはならない物になりつつある。その普及と高度化は、他の電化製品に類を見ないほどの速度で進んでいる。
    そもそも日本でのデータ通信は、企業内活動の合理化のために、距離のある支店・支社を結ぶ手段として発達を遂げた。しかし、各企業で無秩序に開発が行われたため、その企業内限定でしか使えず、お互いの企業同士のやり取りは困難なものであった。
    ここに、プロトコルの階層化の重要性を説明する糸口を見つけることが出来る。すなわち、勝手に自分達だけできめたルールで情報のやり取りをすると、それは狭い世界の中でしか通用しない。広く社会一般に通用させようとすれば、公式のルールが必要となるのである。
    大規模化するコンピュータネットワークを効率良く構築していくためには、その構成要素間の機能分担やプロトコルなどをネットワークアーキテクチャとして体系的に定めることが必要なのである。
    ここで、「ネットワークアーキテクチャ」と「プロトコル」、「階層化」とは何かを説明する。
    ネットワークアーキテクチャとは、コン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。