異邦人達のニッポン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数261
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在、約26万人の中国人が日本に居住し、3000社もの中国企業が日本へと進出している。なぜ、そんなにも多くの中国企業が日本へ進出してきているのだろうか。
     急速なIT化の進む日本において、時代の流れに乗り遅れまいとする日本の企業は技術者不足に悩まされた。そこで、中国の優れた技術者たちに頼ったのである。中国人の企業家たちは日本に土俵を写し、IT関連の技術者を派遣する会社を設立した。そして、中国から招いた優れた技術者たちを、日本の企業に送り込んだ。日本の企業からの依頼は増加する一方で、同じ中国人の人脈を頼りに対応しているという。人員不足に悩まされているのは企業ばかりではない。IT化に対応しようとする企業以上に、地場産業の働き手不足が深刻である。特に、若者が都会へと出て行き、過疎化の進む地方の産業では、労働力の確保に必死になり4分の3が外国人労働者という地域もある。 
     およそ180万人の外国人が日本に居住している現在、外国人労働者を目にする機会も多いが、日本の法律では外国人の単純労働は禁止されている。そのため、外国人労働者たちは研修と称して日本にやってきているのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    異邦人たちのニッポン
                    
    現在、約26万人の中国人が日本に居住し、3000社もの中国企業が日本へと進出している。なぜ、そんなにも多くの中国企業が日本へ進出してきているのだろうか。
    急速なIT化の進む日本において、時代の流れに乗り遅れまいとする日本の企業は技術者不足に悩まされた。そこで、中国の優れた技術者たちに頼ったのである。中国人の企業家たちは日本に土俵を写し、IT関連の技術者を派遣する会社を設立した。そして、中国から招いた優れた技術者たちを、日本の企業に送り込んだ。日本の企業からの依頼は増加する一方で、同じ中国人の人脈を頼りに対応しているという。人員不足に悩まさ..

    コメント1件

    skyfire 購入
    参考になりました
    2006/09/29 8:18 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。