少子化日本

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数868
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本における大きな問題として様々な取り組みがされている少子化に対し、肯定的な意見があげられている。現在の少子化は乳幼児の死亡率が低下し平均寿命がたかまるなか、自然の人口調整メカニズムの一環として不可避的に生じているものであり、地球環境への負荷軽減に役立つとともに空間的にゆとりのある成熟社会が形成できるという意見である。他にも、人口が減少していっても明治時代や江戸時代の人口にてらしてみれば対応可能とする意見や、女性や高齢者の雇用拡大で当面、労動力不足に対応でき、外国人居住者の増大で人口や労働力の減少に対応できる、などといった意見である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「少子化日本」
    日本における大きな問題として様々な取り組みがされている少子化に対し、肯定的な意見があげられている。現在の少子化は乳幼児の死亡率が低下し平均寿命がたかまるなか、自然の人口調整メカニズムの一環として不可避的に生じているものであり、地球環境への負荷軽減に役立つとともに空間的にゆとりのある成熟社会が形成できるという意見である。他にも、人口が減少していっても明治時代や江戸時代の人口にてらしてみれば対応可能とする意見や、女性や高齢者の雇用拡大で当面、労動力不足に対応でき、外国人居住者の増大で人口や労働力の減少に対応できる、などといった意見である。
    しかし、日本の少子高齢化は歯止めがかからず、予想をはるかに越える速さで進行しており、先に挙げたような意見を正当化するのは難しい。
    2006年の1億2774万人をピークに、日本の人口は減り続けると予想されている。高齢社会の日本の平均寿命は高くなっているにもかかわらず、このような事態が起こるのは、少子化が予想以上の速さで進んでいるのが原因である。1947年に4.54%あった出生率は、1997年には1.39%にまで低下した。一方、世界保健機関(..

    コメント8件

    kanenashi 購入
    すみません。内容はめっちゃ面白いのですが、、合計特殊出生率は%ではなく「例1、29『人』」なんですよ。(県立、教育学修士新一年語る)
    2005/11/12 12:54 (11年1ヶ月前)

    ayaka21 購入
    数字とかを載せていて、わかり易かったです。
    2005/12/15 0:26 (11年前)

    clover27 購入
    ありがとうございましたー!!
    2006/01/09 9:26 (10年11ヶ月前)

    maki8713 購入
    参考文献があるとよかったです。
    2006/01/10 13:16 (10年11ヶ月前)

    mikakochan 購入
    役に立ちました。
    2006/01/29 18:30 (10年10ヶ月前)

    ganesha 購入
    簡潔にまとめられていて参考になりました。
    ありがとうございました。
    2006/05/24 15:03 (10年6ヶ月前)

    kazukun 購入
    good
    2006/06/06 18:43 (10年6ヶ月前)

    dyq7545 購入
    内容はいいだけど、高すぎるだよ。
    2006/12/07 22:53 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。