人間の記憶 売

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数453
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報記憶人間事故自分事件親子

    代表キーワード

    情報人間の記憶

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『人間の記憶』
     事件や事故が起こった場合、当事者である被害者・加害者の供述と同様に重要視されるのが、目撃者の証言である。しかし、目撃者の誤った記憶によって引き起こされる、冤罪や誤判事件が数多く存在するのも事実だ。ここでは、目撃証言に関する記憶の歪みについて考えてみようと思う。
     まず興味を持ったのが、人からの情報によって自分の記憶が塗り替えられてしまうということだ。事故などはほとんど一瞬の出来事だ。それをあとから詳しく思い出そうとしてみても、詳細は覚えていないことが多いと思う。人間の記憶には限界があるからだ。複雑な出来事についての記憶は不確かになりやすい。そこへ暗示的な質問表現によってあることがほのめかされると、その内容を自分の記憶として処理してしまうのではないだろうか。
     さらに、目撃者どうしの話し合いによって記憶が歪められる場合もある。話し合いが各自の記憶情報を補い合うことは望ましいことだが、各自の記憶している情報が食い違っている場合にはどうなるのであろうか。同じ場面を目撃しても、見間違いや思い違いによって、他人とは異なる情報を記憶することも起こりうる。一番最近の出来事として、山..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。