神話における蛇

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,087
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    立命館大学のレポート課題です。

    日本の神話に限らず、よく耳にする生き物が存在するということに気づいた。蛇は蛇神や竜と言った竜蛇神などとして、また、キリスト世界においては、旧約聖書、新約聖書を問わず、蛇はサタンの一形態であるとされ、人類最初の人間であるアダムを堕落させ、失楽園へと導いたとされる悪しき動物としての悪いイメージもある。
    なぜこのような印象を持つ蛇が神格化されているのかという疑問考察しています。

    その他の資料http://www.happycampus.co.jp/docs/983431725001@hc05/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    神話における蛇
     「神話とは事物の起源や意義を象徴的に述べる説話であり、日常の習慣から国家までその対象は多岐にわたるが、「なぜこの世界はあるのか」、「なぜ人がいるのか」、「なぜ人は死ぬのか」というテーマなどが取り上げられる。」(引用)そしてこの神話には日本の神話に限らず、よく耳にする生き物が存在するということに気づいた。私が気づいた生き物というのは蛇である。蛇は蛇神や竜と言った竜蛇神などとして神話によく登場してくる。蛇とは昔から蛇神として考えられる白い蛇や蛇の抜け殻など、縁起の良いものとしての蛇というものも存在するが、蛇といえば長い体に毒を持ち、凶暴な性格という印象があり一般的な印象として、あまり良い印象はなく、人に畏敬の念を抱かせる存在というものではないかと思われる。また、キリスト世界においては、旧約聖書、新約聖書を問わず、蛇はサタンの一形態であるとされ、人類最初の人間であるアダムを堕落させ、失楽園へと導いたとされる悪しき動物としての悪いイメージもある。では、なぜこのような印象を持つ蛇が神格化されているのかという疑問がわいてくる。そこで今回、私は神話に深く関連していると思われる蛇につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。