理性という名の怪物〜ベーコンの世界〜

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数501
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この章ではフランシス・ベーコンの科学の発展した現代社会についての予言、科学がどのようなものかなどが書かれている。
    現在、連日のように耳にする問題がある。不快な過密都市の大気汚染、若者を乗せた飛行機の空中衝突、過剰人口の大陸とおびただしい飢餓人口、機械的・体制的・非人間的になった生活、洗脳や核戦争などがそれである。これら、現代の悪夢のような社会事象が少なからぬ程度まで工業文明の所産であり、その文明というのは科学から生まれている。この現代の諸問題こそが科学の生み出した怪物である。

    その他の資料http://www.happycampus.co.jp/docs/983431725001@hc05/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『理性という名の怪物』
    ~2章:ベーコンの世界~
    ルネ・デュボス著訳者:三浦 修
    1974年東京、思索社
    この章ではフランシス・ベーコンの科学の発展した現代社会についての予言、科学がどのようなものかなどが書かれている。
    現在、連日のように耳にする問題がある。不快な過密都市の大気汚染、若者を乗せた飛行機の空中衝突、過剰人口の大陸とおびただしい飢餓人口、機械的・体制的・非人間的になった生活、洗脳や核戦争などがそれである。これら、現代の悪夢のような社会事象が少なからぬ程度まで工業文明の所産であり、その文明というのは科学から生まれている。この現代の諸問題こそが科学の生み出した怪物である。
    まずこの悪夢..

    コメント1件

    toru1987 購入
    iine
    2007/02/02 13:39 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。