家族の定義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,568
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、家族の形体は多様化してきている。そして、一昔前のようにどの家族形態にたいしても、社会がこの傾向を受け入れつつあるのではないかと感じる。とくにシングルマザーや、シングルの人々、つまり女性を中心とする家族形態に対して社会の否定的な態度が緩和してきつつあるようであり、その家族形態の数自体も年々と増加傾向にあるようである。
     シングルマザーをめぐる問題は近年に至るまでに多種多様になってきた。

    その他の資料http://www.happycampus.co.jp/docs/983431725001@hc05/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族の定義とは何か
    近年、家族の形体は多様化してきている。そして、一昔前のようにどの家族形態にたいしても、社会がこの傾向を受け入れつつあるのではないかと感じる。とくにシングルマザーや、シングルの人々、つまり女性を中心とする家族形態に対して社会の否定的な態度が緩和してきつつあるようであり、その家族形態の数自体も年々と増加傾向にあるようである。
     シングルマザーをめぐる問題は近年に至るまでに多種多様になってきた。1950年代には、一家の稼ぎ手であり大黒柱とも呼べる夫と、専業主婦、もしくはパートタイム程度の収入のある妻、二人程度の子供というのが典型的な家族の形であったが、1960年代には伝統からの解放や、これは女性だけではないが、性の解放などが問題視され、強く叫ばれるようになった。それが1970年代になると、さらに勢いを増した形となっていった。非婚や離婚は、自分だけでも収入を得、生活を送ることのできる、夫に頼らない、また依存しないという自立した女性の象徴となった。最近では、シングルマザーは「男に頼らない独立した女」の代名詞のようになり、シングルになる女性たちやシングルマザーたちの社会的イメー..

    コメント1件

    nagomi 購入
    ありがとうございました。
    2006/10/09 2:28 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。