大絵巻展を見て

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数293
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回の京都国立博物館での「大絵巻展」では数多くの素晴らしい作品が展示されていた。これらの展示のどこが素晴らしいのかというと、まず第一に挙げられる点として、色彩の美しさなどにも関係することであるが、保存状態が非常に良いということが挙げられる。京都国立博物館の説明にもあったように、「絵巻とは巻物の形に絵画と詞書を配列して物語をあらわした作品で、我が国で独自の展開を遂げました。」(引用)とある。しかしこのような物の他に、絵巻作品の中の一部にもあった描写では、巻物には絵画だけを載せ、物語を冊子に表したものもあり、当時の貴族の間では女房に冊子の物語を読ませてその描写の絵画を眺めるのが流行していたという記述もあった。

    その他の資料http://www.happycampus.co.jp/docs/983431725001@hc05/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大絵巻展を見て
    今回の京都国立博物館での「大絵巻展」では数多くの素晴らしい作品が展示されていた。これらの展示のどこが素晴らしいのかというと、まず第一に挙げられる点として、色彩の美しさなどにも関係することであるが、保存状態が非常に良いということが挙げられる。京都国立博物館の説明にもあったように、「絵巻とは巻物の形に絵画と詞書を配列して物語をあらわした作品で、我が国で独自の展開を遂げました。」(引用)とある。しかしこのような物の他に、絵巻作品の中の一部にもあった描写では、巻物には絵画だけを載せ、物語を冊子に表したものもあり、当時の貴族の間では女房に冊子の物語を読ませてその描写の絵画を眺めるのが流行していたという記述もあった。これらから言えることであるが、絵巻は展示のように常に伸ばした状態で観賞するものではなく、その時々でその場面を何度も眺めたりするために、ところどころで痛みが激しくなる部分があるものなのである。しかし、破れなどのそのような痛みはほとんど見られず、保存や、もしくは修復の技術の高さが保存状態の良さに繋がっていると思われる。
    次に挙げられる点として、その色彩の美しさが挙げられるだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。