レオナルド・ダ・ヴィンチと彼の描く女性像の意味

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,140
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    立命館大学    ヨーロッパ文化史

    今回の講義を通して私がテーマとして注目し、設定したものはレオナルド・ダ・ヴィンチと彼の描く女性像の類似性についてである。
    レオナルド論においてフロイトは「聖アンナと聖母子」という彼の作品の中にいくつかの不可思議な点を発見している。
    それをレオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期のある思い出から分析していき、その絵画の謎を解明しようとしたものである。


    その他の資料
    http://www.happycampus.co.jp/docs/983431725001@hc05/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヨーロッパ文化史ⅡL
    レオナルド・ダ・ヴィンチと彼の描く女性像の意味
    今回の講義を通して私がテーマとして注目し、設定したものはレオナルド・ダ・ヴィンチと彼の描く女性像の類似性についてである。なぜこれを私がテーマとして選んだのかというと、それはフロイトのレオナルド論を知ったことをきっかけとして、私が疑問を抱いたからである。レオナルド論においてフロイトは「聖アンナと聖母子」という彼の作品の中にいくつかの不可思議な点を発見している。それをレオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期のある思い出から分析していき、その絵画の謎を解明しようとしたものであった。そして私が疑問を抱いたのはこの不可思議な点に関連しているものである。その不可思議な点とは、まず聖アンナと聖母マリアの関係が挙げられる。この二人の姿勢や位置関係、そして年齢差の感じられないことである。そして微笑みの表現や聖母マリアと幼子キリストの関係、判じ絵の存在などが挙げられるのである。これらの点を幼年期のある思い出から分析し、解明しようとしていたのであるが、このほぼ同じ時期に彼の代表作と言っても過言ではない作品「モナ・リザ」も描いている。この二つの絵画..

    コメント1件

    emmawjy 購入
    とっても助かりました。感謝?です。
    2006/01/31 1:48 (10年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。