主題図の紹介-パワーポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数891
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私が引用した文献は柳田國男の『蝸牛考』という著書です。
    著書の概要は、日本国内におけるカタツムリの方言による呼び方の違いを調べて、それをもとにした「方言地図」の作成をしているというものであり、別資料のテキストデータとあわせてテーマ発表を行った。

    レポートも書いてますよ♪
    その他の資料http://www.happycampus.co.jp/docs/983431725001@hc05/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    主題図の紹介
    引用著書
    1 柳田國男 『蝸牛考』 
       岩波書店 1980年、218-221ページ
    2 概略
     ・蝸牛(カタツムリ)の方言による呼び方の違いを日本各地で検証し地図化
     ・京都を中心とした方言周圏論を提唱
    主題図内容
    3 主題図の名前
       蝸牛異称分布図
       蝸牛異称の周圏分布
    4 主題図作成の目的
      ・方言周圏論の説明のため。
      ・方言の成り立ちの解明。
     (一つの国語の地方差発生の理由解明)
    地図参照
    地図の説明
      このように、京都を中心として同心円状に蝸牛(カタツムリ)ということばが広がっているということがわかる。
      そのため、離れた地域(たとえば北海道や東北..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。