日本的経営の変化期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,395
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本的経営に特徴的なもので、終身雇用制、年功序列制、企業内組合、というものがある。その他に福利厚生などの制度も日本独特の経営法と見られている。しかし、ここではまずさきに日本的経営というものは何なのかということをもっとはっきりさせるために私なりに定義づけしてから日本的経営と日本の社会、また近年の変化について論を展開していきたいと思う。

    その他の資料http://www.happycampus.co.jp/docs/983431725001@hc05/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学概論
    「日本的経営の変化期」
     日本的経営とは、何であるかをまず詳しく見ていきたいと思う。一般的に言われるのが、三種の神器というものである。三種の神器とは、日本的経営に特徴的なもので、終身雇用制、年功序列制、企業内組合、というもので、その他に福利厚生などの制度も日本独特の経営法と見られている、というものだ。しかし、ここではまずさきに日本的経営というものは何なのかということをもっとはっきりさせるために私なりに定義づけしてから日本的経営と日本の社会、また近年の日本的経営の変化について論を展開していきたいと思う。
     日本的経営とは、日本の戦後からの経営形態のことを指している。日本的経営は経済的機能だけでなく社会的、政治的、文化的欲求の全てが満たされる生活共同体であり、集団主義に基づく経営方法をとるものであるとされている。日本人は昔から集団で行動してきた。就職ではなく「家」に入るように「就社」しているといわれるのだ。欧米人が自分の専門職を答えてからどの会社に属しているのかを答えるのとは違って、仕事を聞かれると家族の苗字を答えるこのように会社名を答えてから会社で何をしているのかを答えるのだ..

    コメント1件

    visunavi 購入
    yokatta
    2006/07/27 11:14 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。