ルーヴル美術館

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数469
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ─古代ギリシア芸術・神々の遺産─では昨年とはその雰囲気を大きく変えていた。絵画ではなく、今年は神々の彫刻を初め、哲学者たちの肖像など、134点の展示がされていた。ギリシアの建築、彫刻、絵画の中で最もギリシア的な特長を持つと言われる彫刻にはどのような特徴があるのだろうか。
    まず、全体を通して彫刻のその細やかさに驚かされた。人間の体の柔らかな曲線や、男性の筋ばった体の線や、筋肉の隆々しさや、そして青年のしなやかな筋肉、神々の像がまとった衣装の生地のなめらかさなどが、まるで本物がそこに存在しているかのように表現されていた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今回の実習で訪れた、京都市美術館で行われたルーヴル美術館展─古代ギリシア芸術・神々の遺産─では昨年とはその雰囲気を大きく変えていた。絵画ではなく、今年は神々の彫刻を初め、哲学者たちの肖像など、134点の展示がされていた。ギリシアの建築、彫刻、絵画の中で最もギリシア的な特長を持つと言われる彫刻にはどのような特徴があるのだろうか。
    まず、全体を通して彫刻のその細やかさに驚かされた。人間の体の柔らかな曲線や、男性の筋ばった体の線や、筋肉の隆々しさや、そして青年のしなやかな筋肉、神々の像がまとった衣装の生地のなめらかさなどが、まるで本物がそこに存在しているかのように表現されていた。葬礼記念碑のライオンでは、うっすらと皮下に感じられる血管までもが見えていたほどである。これは、今回の京都市美術館の展示の仕方においてそれが最大限に感じられたのではないかと感じられた。ケースがないものもあり、直接眺めることでその質感そのものまでが伝わってきたようである。また、展示されている彫刻と彫刻の間にはスペースがあったりし、1つ1つを前後左右からと言うようにさまざまな角度から見ることができ、これは今までに、見れな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。