商業史および経営史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数508
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    アメリカ、ヨーロッパの企業活動の拡大について産業革命時代から追っていった訳だが、僕がこの授業で特に注目したのはテイラーシステムを中心とした経営の分化についての考えとそれが果たした役割について。夏学期にとった経営学概論ですでに課業管理などについては学んだが、具体的な内容や実践でどのように取り入られていったかといった問題についてはイメージがつかみにくかった。このアメリカの企業の大量生産への道の中でそうしたイメージが僕の中で明確となっていったので経営の分化が現在の経営の基礎ともなっていることについて簡単に述べていきたい。
     経営とはもともと一人ではとてもやっていけないような縦と横のシステム、仕事を人間や機械の協働システムとして実現しようとするものである。システムがまだ十分に小さい間は目標を設定し、作業手順の進捗を見守りながら、直接作業を実施して行くといった一連の仕事を、数人の人々で誰が何をするという定めもないままに分担することも決して不可能ではない(成り行き管理)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商業史および経営史
                  
     
    アメリカ、ヨーロッパの企業活動の拡大について産業革命時代から追っていった訳だが、僕がこの授業で特に注目したのはテイラーシステムを中心とした経営の分化についての考えとそれが果たした役割について。夏学期にとった経営学概論ですでに課業管理などについては学んだが、具体的な内容や実践でどのように取り入られていったかといった問題についてはイメージがつかみにくかった。このアメリカの企業の大量生産への道の中でそうしたイメージが僕の中で明確となっていったので経営の分化が現在の経営の基礎ともなっていることについて簡単に述べていきたい。
     経営とはもともと一人ではとてもやっていけないような縦と横のシステム、仕事を人間や機械の協働システムとして実現しようとするものである。システムがまだ十分に小さい間は目標を設定し、作業手順の進捗を見守りながら、直接作業を実施して行くといった一連の仕事を、数人の人々で誰が何をするという定めもないままに分担することも決して不可能ではない(成り行き管理)。しかし経営体が次第に大きくなっていくにしたがって、こうした機能はそれぞれ内..

    コメント1件

    takumapanda 購入
    かなり参考にできました。さらにこの出来で50Pというのも非常に魅力的で助かりました。
    2007/06/17 20:54 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。