朝鮮の歴史と文化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数650
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    僕がこのレポートを書く際に取り上げた書籍は「朝鮮短編小説撰」である。まず、幼い頃より小説が好きで、というよりは詩とはほとんど関わりがなく鑑賞文などが付いていないとせっかくのこの時期の人々の残そうとしたメッセージや時代背景などを読み取ることが難しく小説の方がダイレクトにそれが伝わってくると思ったのがこれを選んだ理由である。現に今回の題材選びは正解だったと思うし、僕なりに考えさせられるところはあったと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    僕がこのレポートを書く際に取り上げた書籍は「朝鮮短編小説撰」である。まず、幼い頃より小説が好きで、というよりは詩とはほとんど関わりがなく鑑賞文などが付いていないとせっかくのこの時期の人々の残そうとしたメッセージや時代背景などを読み取ることが難しく小説の方がダイレクトにそれが伝わってくると思ったのがこれを選んだ理由である。現に今回の題材選びは正解だったと思うし、僕なりに考えさせられるところはあったと思う。また、図書館やら紀伊国屋の全店(関東地区)を調べてもらったがこれの上巻しか読むことができなかったことが残念であった。
    最後まで読んでみて、迷ったのだが「笞刑」と「金講師とT教授」が強烈に印象に残..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。