日本の医療に未来はあるかの書評

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数390
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最近、医療事故が大変な問題となっている。考えられない単純な医療ミスに、医療の評判はガタ落ちである。更に、以前から指摘されている患者への医師の説明不足、三時間待ちの三分診療、医師の権威主義などの批判が重なり、医療への評価は急速に低下している。このような医療に対して、同じような批判が幾度と無く繰り返されてきた。それにも関わらず、日本の医療は一向に改善されない。それは、医療への批判が的外れに終始しているからである。医療を批判する側が医療の現場やその本質に無知であるため、正しい方向へ導くことが出来無いのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最近、医療事故が大変な問題となっている。考えられない単純な医療ミスに、医療の評判はガタ落ちである。更に、以前から指摘されている患者への医師の説明不足、三時間待ちの三分診療、医師の権威主義などの批判が重なり、医療への評価は急速に低下している。このような医療に対して、同じような批判が幾度と無く繰り返されてきた。それにも関わらず、日本の医療は一向に改善されない。それは、医療への批判が的外れに終始しているからである。医療を批判する側が医療の現場やその本質に無知であるため、正しい方向へ導くことが出来無いのである。
    本書は、そういった事態を打開すべく、医療の現状を分かり易く解説し、多くの人達に日本の医療を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。