司法福祉論②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数250
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「犯罪者・非行者への援助活動と援助専門職およびボランティアの役割分担とその意義について述べよ。」
    犯罪者処遇における援助の意義と留意点
    職場や学校などの集団社会を基礎として生活は成り立っている。そこでは共同で生活するための規範・秩序がある。しかし多くの人々の中には、この規範から外れ犯罪や非行行為を行う者もいる。
    犯罪・非行行為とは、その社会の構成員が等しく認め合う規範に基づき形成された法律を犯す行為である。その行為は、社会秩序、治安を乱し、社会の構成員の生命危機をも招くのである。犯罪行為・非行行為を起こす人は、その成長過程で何らかの阻害状態に陥ったことを起因としている場合もある。また人格的・社会的に未成熟なために、適切な問題処理や解決能力が備わっていないことが原因となることも考えられる。
    この結果、自我の抑制力が出来なくなり、衝動のコントロールが困難となり、非行へ走る。援助に関わる者は、いかなる背景をもった犯罪者・非行者があっても受け止め、彼らの適切な自主性を尊重し、自己の問題解決や再び罪を犯さないよう更生させなくてはならない。
    また更生・援助における環境の整備、それぞれの分野における..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。