法学概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数245
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本福祉人権アメリカ経済社会自由

    代表キーワード

    憲法人権法学概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「基本的人権の尊重について述べよ。」
    17世紀から18世紀のイギリスやフランスで、基本的人権の概念は生み出されたといわれる。当時のヨーロッパは貴族階級によって支配された、封建的な社会であり、その生活は身分や階級に応じて厳しく制限されていた。身分が下位の者は、上位の者に対して服従しなければならず、多くの国民の上に、少数の貴族と国家の主としての君主が君臨する、絶対君主政治が行われていたのである。この政治制度の下では、国民は国王の下僕であった。
    そしてこの政治下において、この体制に異議を唱えるような思想も生まれたのである。それは、ロックやルソーなどの思想家の唱えた、社会契約論に代表される。その中で提唱されたことは、市民は君主に対して異議を申し立て、抵抗することができると主張したものであった。その結果、絶対君主に対する不満が、一気に噴出し革命という形で表され、力をもって君主の権力に抵抗する市民革命に発展したのである。17、18世紀における市民革命において主張された人権の内容は、全般的にみると自由権がその中心であった。これまで王政・専制政治によって、自由が抑圧されてきていたことに対する必然的な動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。