経済学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数382
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本経済企業経営政策経済学商品消費者需要供給

    代表キーワード

    経済学経営

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「インフレーションとスタグフレーションについて。」
     インフレーション(インフレ)の、もともとの意味は「膨張」していくという意味であるが、経済学では物価が長期にわたって上がり続ける現象をさす。インフレが最も問題になったのは、1973年(昭和48年)の第1次オイルショック、1979年(昭和54年)の第2次オイルショックであった。それまでのオイル価格が短期に数倍に値上がりし、物価は急騰しました。その結果、1年間に物価が20%近くにまで上昇した。同時に労働者の所得も商品生産コストの一部と考えられるために増加するが、インフレでは、通貨の価値が下がるために、蓄えた貯金などは、物価が上がると実質的な価値が減少することになる。これは同じ商品を欲しい場合に、これまでと金額では同じ商品を入手することが困難となるということである。
    ただし、一般に年率2%~4%程度の穏やかなインフレは、経済成長にとって望ましいと考えられている。これによって企業は売上高が増え、利益も増え、家計の収入の増加によって消費も増加する。さらに企業の業績を向上させる好循環へとつながる。しかし急激な物価の変動により、20%程度まで上昇し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。