心理学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数130
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども社会学校文化道徳法律家族家庭

    代表キーワード

    心理学社会

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。」
    人格という言葉は、われわれが日常生活で使用する意味では、その人間一人ひとりの性格や特徴を表す言葉として用いることが多い。また法律上の用語では、企業など本来は法律が保障する権利を適用できない存在に、人間と同様の権利を保障するため、法律上の人格を与えた、法人格というものもある。
    人格とは、他者によってどのように思われ、受け入れられているかなど、社会的な効果を示すものであり、他者による何らかの評価的な意味を持っているものと考えられる。たとえば「誠実そう、堅実な人」など、他者による自分の印象についても、人格といえる。
    心理学における人格は、良い、悪いなどの道徳的な評価価値はなく、個々人の思考や行動を特徴付ける、一貫性と持続性を持った人としての特性をいう。したがって優れた人間的性質ではなく、「その人らしさ」という点に着目する意味で捉えている。これは行動や振る舞い、考え方など、過去の行動から傾向をつかんであれば、その後の行動を予測することや、推測を立てることも可能とする。
    つまり人格を説明する場合、各個人ごとにさまざまな行動があり、外観的に受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。