社会学①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数304
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会情報経済宗教倫理子ども文化少子化女性

    代表キーワード

    社会学宗教

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会変動の要因について述べよ。」
    社会変動とは、世の中の変化や動きのこという。身近な身の回りで起こる、社会関係・社会生活のあり方の変化と、国家や世界が大きく変化するなど、構造的・体制的な社会の変化・変動の2つの社会状況の変化があり、これら2つは独立したものではなく、一方の変化は、他方にも影響を及ぼすため、深く絡み合っていると考えられる。
     このうち構造的・体制的な社会変動は、頻繁に起こるものではなく、一人の人間が出会うのは、多くとも2回程度であり、大部分の人々は経験をすることもなく一生を終える。
    世界的な社会変動は、フランス革命やロシア革命などの市民革命や、その後の社会主義体制の崩壊などが挙げられ、20世紀は大きな社会変動が起こった時代であった。わが国での大きな変化といえば、近代文明への転換を果たした、明治維新から第二次世界大戦の敗戦までが挙げられる。
    このような社会変動の以前と以後を比べると、人々の生活基盤の変化、生活のスタイルの変化、家族や地域などとの人間関係の変化、考え方の変化など、政治経済体制だけではなく、その他の事柄についても大きく変化させることになった。
     これに対して、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。