生徒指導論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数576
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校教育における生徒指導の意義や役割及びガイダンスの機能の充実によるこれからの生徒指導のあり方について述べよ。」
    1 生徒指導の意義・ねらい・役割について
     生徒指導資料第20集に次のようにある。「生徒指導とは、本来、一人一人の生徒の個性の伸長を図りながら、同時に社会的な資質や能力・態度を育成し、さらに将来において社会的に自己実現できるような資質・態度を形成していくための指導・援助であり、個々の生徒の自己指導能力の育成を目指すものである。そして、それは学校がその教育目的を達成するためには欠くことのできない重要な機能の一つなのである。」つまり、生徒指導とは学校教育における教科指導と同様に、人間形成にとって重要な心を育てる主要な教育活動である。生徒指導については、小学校、中学校、高等学校など各学習指導要領にもそれぞれの記述がある。
    自己指導能力とは、「自己をありのままに認め(自己受容)、自己に対する洞察を深めること(自己理解)、これらを基盤に自らの追求しつつある目標を確立し、また明確化していくこと、そしてこの目的の達成のため、自発的、自律的に自らの行動を決断し、実行する」とある。つまり自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。