教育方法論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数425
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生徒の立場にたっての分かる(分からせる授業)を最近の教授・学習理論、教材研究、児童・生徒理解を観点にして述べよ。」
    学校教育での授業の目的は、学力の育成を目指すものである。このために教育現場においては、さまざまな教育改革が推進されており、教育方法の改革では従来の知識伝達型の授業から、児童生徒の主体的な学習を重視する授業へ変化している。
    わが国での伝統的な授業の方法は、学力を育てようとする知識伝達を重視した授業と、学習指導要領改正による、新しい学力を育てようとする主体的な学習をする授業とがある。
    新しい学習指導要領は、平成14年度(2002年度)から実施される完全五日制の下、ゆとりの中で一人一人の子ども達に「生きる力」を育成する事を基本として改訂され、「わかる授業、楽しい授業の実現」させ、児童生徒にとって学校が、真に楽しい学びの場となることが期待される。
     従来の系統的な学力を育てようとする課題修得型の学習では、読み・書き・計算など教科等の基礎・基本となる知識や技能の習得が目的であり、繰り返し学習やドリル学習など、ある程度時間を費やす必要があり、課題や問いに対しては、唯一の正解であるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。