特別活動の指導法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数308
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「新学習指導要領に力説してある「ガイダンスの機能の充実」について特別活動に焦点を当てて述べよ。」
    「ガイダンスの機能の充実」は基本的に生徒指導であるが、児童生徒が生活や学習に適応し、個性や可能性を最大限発揮できるように行う教育活動のことである。つまり児童生徒が現在の生活および将来の生活や学習に対して、よりよく適応し、自分を生かすことができるよう、適切な情報・資料を提供し、児童生徒自身に気づきや自己決定を促す。同時に心の健康を増進して健全な人間関係を構築するための指導・援助を行うことである。
     一般的なガイダンスの定義は、「不慣れで事情のわからないものに対する、初歩的・基礎的な内容を説明し、導く。」、「児童生徒が自己の適正や能力を基に、進路を自己決定できるために適切な指導を行う。」ことである。
    日本に「ガイダンス」が導入されたのは、昭和20年の第二次世界大戦の終結によって、教育改革が行われた時である。基本的な理念や方法は、日本の文化やその後の経済発展など、時代に沿ったものに変化・発展をした。この間にも社会の急激な変化、児童生徒を取り巻く環境、児童生徒の性質や考え方の多様性などを背景に、学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。