儒教について

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,089
ダウンロード数53
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    儒教は東アジア諸国で2000年以上にわたり強い影響を及ぼしている。生命論としての考を基礎として、後の儒教はこの上に家族倫理を作り、さらにその上に社会倫理(政治理論)を作った。儒教を語る上で欠かせない人物は孔子である。孔子は、紀元前551年‐紀元前479年)は春秋時代の中国の思想家で氏は孔、名は丘、字は仲(ちゅう)尼(じ)、雅号(がごう)は尼(じ)父(ほ)。孔子とは尊称(子は先生という意味)で文宣(ぶんせん)王(のう)とおくり名されている。

    儒教の始まり
     まず儒の始まりはシャマニズムであり考という考え方である。シャマニズムとは死者の魂降ろしや、招魂再生である。孝とは「生(生きている親)に(対して)は、これに事うるに礼をもってし、(親の)死に(対して)は、これを葬るに礼をもってし、(忌日などに、祖先)これを祭るに礼をもってす。」と孔子は言った。儒という思想は孔子以前に中国に存在したが、孔子によって体系化され儒教になった。その際に孔子はまず儒教を大きく2つに分け一つを君子儒、もう一つを小人儒にわけた。君子儒とは王朝の祭祀儀礼や古伝承の記録担当官と遠く関わりを持つ知識人系上層の儒のことである。小人儒とは祈祷や喪葬を担当するシャーマン系下層の儒である。そして孔子はこの君子儒になることを理想としたのだ。その後漢の武帝(BCl4l〜87)の時に儒教は国教となった。

    中国人にとっての儒教
     中国人にとって深い関わりがある宗教は仏教と道教、それに儒教である。そしてそれぞれ唱えているものがある。仏教は輪廻転生を脱して仏となることを目的とします。輪廻転生とは仏教はこの世を苦しみの世界とする事が大前提なので、生きていく事を苦とする。生きること、病気、老い、死という事を苦にして、死後49日を経てまた生まれ変わるのだ。そしてぐるぐると生まれ変わる苦しみの連続を輪廻転生という。道教は不老長生を説いた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    儒教について
    儒教は東アジア諸国で2000年以上にわたり強い影響を及ぼしている。生命論としての考を基礎として、後の儒教はこの上に家族倫理を作り、さらにその上に社会倫理(政治理論)を作った。儒教を語る上で欠かせない人物は孔子である。孔子は、紀元前551年‐紀元前479年)は春秋時代の中国の思想家で氏は孔、名は丘、字は、は。孔子とは尊称(子は先生という意味)でとおくり名されている。
    儒教の始まり
    まず儒の始まりはシャマニズムであり考という考え方である。シャマニズムとは死者の魂降ろしや、招魂再生である。孝とは「生(生きている親)に(対して)は、これに事うるに礼をもってし、(親の)死に(対して)は、これを葬るに礼をもってし、(忌日などに、祖先)これを祭るに礼をもってす。」と孔子は言った。儒という思想は孔子以前に中国に存在したが、孔子によって体系化され儒教になった。その際に孔子はまず儒教を大きく2つに分け一つを君子儒、もう一つを小人儒にわけた。君子儒とは王朝の祭祀儀礼や古伝承の記録担当官と遠く関わりを持つ知識人系上層の儒のことである。小人儒とは祈祷や喪葬を担当するシャーマン系下層の儒である。そし..

    コメント6件

    ikunaga 購入
    儒教の論文はなかなか、ない為、大変参考になりました。
    2006/05/30 15:45 (10年6ヶ月前)

    tettanaoko 購入
    必要としていた内容でした。
    2006/10/11 13:27 (10年2ヶ月前)

    goldsun 購入
    探していた内容がここにありました。
    2006/10/31 3:30 (10年1ヶ月前)

    kouhei1868 購入
    知識の総整理が出来て大変よかった。
    2006/12/12 22:40 (10年前)

    rainbowman 購入
    Good
    2006/12/30 21:26 (10年前)

    tarouw 購入
    いやぁ、もうバッチリ(・∀・*)ゞ テレテレ
    2007/01/30 1:40 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。