razors and blades

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数232
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    プリンターの採算性について、またサードパーティーがプリンターメーカーに与える影響についてを考察したレポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    プリンターの採算性、及びサードパーティーの影響についての考察
    パーソナル・プリンターのメーカーにとって、長期的な採算性はプリンターの使用度と自社製の消耗品の売上にかかっている。パーソナル・プリンターとは消費者やスモールオフィス/ホームオフィス、または小規模企業などに使われているIJPやLBPの事をさしている。この市場は、プリンターハードウェアの出荷量の大きな割合を占めている。
    ほとんどのパーソナル・プリンターメーカーは利益をプリンターに必要な交換インクやトナーカートリッジの販売から出る収益に頼っており、ハードウェアの方は収益に損失さえ出している。このような収益モデルは、20世紀への変わり目にKing C. Gillette(キング・キャンプ・ジレット)がかみそりの柄と使い捨ての刃を売る事で生み出し、一般的には「Razor and blades(かみそりとかみそりの刃)」戦略と呼ばれている。ジレット社から買う最初のかみそりはジレット社にとってゼロ、またはマイナス収益であったが、その後、かみそりの柄の寿命がくるまでに消費者が買いかえる刃の売上は利益を生むのだ。
    では、消耗品メーカー(プリン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。