中国における階級社会

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,021
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     自分はこの授業において中国における階級社会というものにとても興味を持った。現代において誰もが認めるほどに目覚しい発展を遂げた中国において、そのプラスの影響を受けた人々とマイナスの影響を受けた人々にはどのような差異があったのか、下位に落ちた中国国民は納得することができたのか、政府はどのような意図をもっていたのかというものが気になり、現代史中国研究というホームページから「現代中国における階層分化-改革レースの勝者と敗者」という学術論文を読むことによって理解するに至った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国における階級社会
     自分はこの授業において中国における階級社会というものにとても興味を持った。現代において誰もが認めるほどに目覚しい発展を遂げた中国において、そのプラスの影響を受けた人々とマイナスの影響を受けた人々にはどのような差異があったのか、下位に落ちた中国国民は納得することができたのか、政府はどのような意図をもっていたのかというものが気になり、現代史中国研究というホームページから「現代中国における階層分化-改革レースの勝者と敗者」という学術論文を読むことによって理解するに至った。
     この論文では、20世紀の中国社会における「階級」・「階層」をめぐる問題が、社会主義国家建設の中でどのような意味をもってきたのか振り返りつつ、現在の「社会階層」をめぐる情況の変化が今後の国家統合に与える影響というものを検討し、改革期中国における改革レースの勝敗という視点から描き出し、中国政治社会の統合力、共属性が危機に瀕していることを示そうとしたものである。まず中国側自己認識についてからはじまり、そこで階級階層論について言及している。それから改革レースの起点となる「先富論」についての説明があり、その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。