教育における情報リテラシーの在り方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数630
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    従って、ここではそもそも『情報リテラシー』とは何か?そして、教育における『情報リテラシー』は如何にあるべきか?言及していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育における情報リテラシーの在り方』
    目次
    はじめに
    『情報リテラシー』とは?
    『情報リテラシー』教育
    おわりに
    ・はじめに
     もはや「情報化社会」という言葉が当然のものと認知され、死語とさえなりつつある現在、コンピュータを使えないというのは確実に致命的なものとなってきている。家庭に一台、一人に一台のPCが普及し、情報がますます高速化している。それと共に、ネットを巡る犯罪、事件は急増している。神戸の小学6年生女子の殺人事件をきっかけにネチケットが盛んに叫ばれるようになってきた。この事件に関して言えばパソコンの使い方を教える―『情報リテラシー』―授業を小学校から大学まで全国的に促進している矢先の出来事であった。『情報リテラシー』のあり方を今こそ見直すべき時であろう。従って、ここではそもそも『情報リテラシー』とは何か?そして、教育における『情報リテラシー』は如何にあるべきか?を言及していく。
    ・『情報リテラシー』とは?
     そもそも『情報リテラシー』とはいったいどういったものなのだろうか?その定義を以下の資料は簡潔にまとめている。
    情報リテラシー 【information literacy..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。