ヨーロッパ社会史総論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数482
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     人類はその生きてきた証として遺跡や書物、資料など特定のアイデンティティを持ったデータを残し、後世の人々がそれらを伝承または発見し、昔の生活や環境がどのようなものであったかを知ることができる。知ると言ってもそれはあくまで記録を考察・分析してたどり着いた推測に過ぎない。実際その時代に生きていた人がいないから当然推測するしかないのだ。だが、この推測こそが歴史学のおもしろいところだと思う。最初は少ないデータによる漠然とした過去のビジョンから始まり、更なる努力と研究で得られたたくさんのデータを基にして、過去がより現実的で確証できるものになる。まるでパズルのピースをかき集めてだんだんと一枚の絵になっていくようなおもしろさ、ロマンがある。だから歴史学はもっとも古い学問のひとつであり、現代まで根強い人気を誇る学問なのだと言えるだろう。
     一方、人口はどの時代においても一定になることがなく、常に変化する。時代によって差があり、また地域によって差がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヨーロッパ社会史総論レポート
    人類はその生きてきた証として遺跡や書物、資料など特定のアイデンティティを持ったデータを残し、後世の人々がそれらを伝承または発見し、昔の生活や環境がどのようなものであったかを知ることができる。知ると言ってもそれはあくまで記録を考察・分析してたどり着いた推測に過ぎない。実際その時代に生きていた人がいないから当然推測するしかないのだ。だが、この推測こそが歴史学のおもしろいところだと思う。最初は少ないデータによる漠然とした過去のビジョンから始まり、更なる努力と研究で得られたたくさんのデータを基にして、過去がより現実的で確証できるものになる。まるでパズルのピースをかき集めて..

    コメント2件

    happy77 購入
    おお
    2006/06/15 8:57 (10年6ヶ月前)

    remix3752 購入
    おおおお
    2007/01/22 21:17 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。