アメリカの親子関係について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,460
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?アメリカにおける結婚家族の定義
     1950年代、家族は、一家の稼ぎ手の夫に、専業主婦の妻、二人の子供というのが典型的であったが、1960年代には伝統からの解放、性の解放が叫ばれるようになった。1970年代になると、非婚や離婚は、自立した女性の象徴となり、親になることよりも、キャリアを積み、自分らしく生きることがトレンドとなる。シングルやDINKS(共働きの子供がいないカップル)がもてはやされた。しかし、1980年代後半、キャリア一筋ではなく、家族のあり方を見直す風潮が強まってきた。キャリアもいいが、パートナーや子供たちとの関係も大切にしたいと思う人が増えてきたのである。そして、ようやくキャリアも家族も手に入れられる社会になった、という手ごたえを女性たちは感じ始めたのである。
     同時に、これまでキャリアを優先してきたべビーブーマーたち(1946年から65年に生まれた人々)が、出産のタイムリミットを目前に、結婚を真剣に考えざるを得なくなったのであった。そして、なかなか子供ができない人たちは、日進月歩の勢いで進歩する生殖産業に飛びついた。1990年以降家族はさらに多様化していった。養子縁組はよりオープンになり、海外からの子供たちが目立ち始め、また、卵子提供や代理母による出産も急増し始めた。ゲイやレズビアンたちも家庭を築き、子供を育てることが出来るようになった。生殖技術や養子縁制度は、不妊夫婦だけのものではなくなり、非婚カップルやゲイ、シングルにも子供という大きな夢を実現させることになったのであった。
    ?子供を「作る」ということ
     アメリカでは今、通信販売で好みのTシャツを買うように、容易に精子や卵子が手に入る。ただし、相手が人間だけに、情報は細かい。精子・卵子ドナーについて、さらに詳しく宗教、人生哲学、祖父母の代にまで遡った家族の病歴などの情報を得られる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカの親子関係について
    Ⅰアメリカにおける結婚家族の定義
     1950年代、家族は、一家の稼ぎ手の夫に、専業主婦の妻、二人の子供というのが典型的であったが、1960年代には伝統からの解放、性の解放が叫ばれるようになった。1970年代になると、非婚や離婚は、自立した女性の象徴となり、親になることよりも、キャリアを積み、自分らしく生きることがトレンドとなる。シングルやDINKS(共働きの子供がいないカップル)がもてはやされた。しかし、1980年代後半、キャリア一筋ではなく、家族のあり方を見直す風潮が強まってきた。キャリアもいいが、パートナーや子供たちとの関係も大切にしたいと思う人が増えてきたのである。そして、ようやくキャリアも家族も手に入れられる社会になった、という手ごたえを女性たちは感じ始めたのである。
    同時に、これまでキャリアを優先してきたべビーブーマーたち(1946年から65年に生まれた人々)が、出産のタイムリミットを目前に、結婚を真剣に考えざるを得なくなったのであった。そして、なかなか子供ができない人たちは、日進月歩の勢いで進歩する生殖産業に飛びついた。1990年以降家族はさらに..

    コメント2件

    higaochi20 購入
    o
    2006/03/06 18:54 (10年9ヶ月前)

    pirorin 購入
    とてもわかりやすかったです。もう少し自分の意見を入れてもよかったかな。
    2006/07/11 4:07 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。