東アジア共同体

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数633
ダウンロード数87
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「東アジア」という概念は、最近になって初めて細部まで検討されるようになったものであると思う。地域主義といえばまず思い浮かぶのはEUであり、アジアにおいては東南アジアくらいであった。現在東アジア(東北アジア、東南アジア)における共同体の成立がさけばれているのは、グローバリゼーションという世界の流れに影響されているところがかなり大きいように、個人的には、思う。「東アジア共同体」というものの必要性についてそしてその実現の可能性についてETAやEPAを中心に探っていきたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    東アジア共同体
     「東アジア」という概念は、最近になって初めて細部まで検討されるようになったものであると思う。地域主義といえばまず思い浮かぶのはEUであり、アジアにおいては東南アジアくらいであった。現在東アジア(東北アジア、東南アジア)における共同体の成立がさけばれているのは、グローバリゼーションという世界の流れに影響されているところがかなり大きいように、個人的には、思う。「東アジア共同体」というものの必要性についてそしてその実現の可能性についてETAやEPAを中心に探っていきたいと思う。
     21世紀初頭の世界経済は、はグローバリゼーションという世界を一つに包み込む大きな流れの中にありながら、EUやNAFTAに代表される大規模な地域統合が進展・拡大しつつあるというユニークな現象を呈している。このような地域化の拡大は一見グローバリゼーションに矛盾しているように思えるが、むしろグローバリゼーションによって引き起こされた現象である。EUの場合は冷戦終結後のグローバリゼーションやアメリカ主導のグローバリゼーションに対抗するために自らを拡大させているし、NAFTAは地域化に批判的であったアメリカ..

    コメント5件

    holiday413 購入
    参考にさせていただきます
    2006/02/07 23:57 (10年10ヶ月前)

    ouni1225 購入
    とても参考になりました。
    2006/09/12 16:42 (10年3ヶ月前)

    kanako20 購入
      
    2006/11/24 17:09 (10年前)

    zxcvbnm1853 購入
    授業に役立ちました
    2006/11/29 22:44 (10年前)

    yasuda0314 購入
    最高です
    2007/01/22 15:50 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。