バイオテクノロジーにおける国家間の協調と競争

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数433
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在のバイオテクノロジーの進歩はめざましいものがある。それは生命科学の大きな発達であり人類も含めて生命の神秘を解き明かすだけでなく巨大な技術革新であり社会と人々の生活を根底から変えるであろう。まずバイオテクノロジーは医療・健康、食料、環境、エネルギーという基礎分野に大きな影響を与えるであろう。医療、健康の分野では疾病の予防と治療、健康の維持に大きな貢献を果たし人々をより健康により長寿にするだろう。食料面では遺伝子組み換えなどの技術で低コスト、高品質、良食味な食料の生産を実現するだろう。環境、エネルギー分野ではバイオマスやバイオプロセスの利用技術の発展で環境負荷を大きく低減し生産技術を確立しエネルギー源を確保する。そして化石資源依存からの脱却の道が開かれるだろう。またこのような大きな変化に伴う経済効果も大規模なものとなる。バイオテクノロジーの応用によって新産業が勃興し既存の産業にも大きな影響がある。また製造プロセスや生産に対する考え方も変化これによって変化せざるを得ない。そしてこのようなバイオテクノロジーの産業へのインパクトによって2010年には25兆円規模の市場に成長し新規雇用として100万人超、非バイオ産業への雇用活発効果として60万人超が期待できる。このように科学の発展と人類の生活の向上、さらには産業の活性化のためにバイオテクノロジーの発展は必要である。国内的に見てもバイオテクノロジーの発展は人類への貢献として国際的な名声を上げるとともに産業面での国際競争力の維持のために不可欠である。また一方ではヒトゲノムなどに見られるようにバイオテクノロジーの発展は倫理面での問題や所有権の問題がつきまとう。こうして全人類の財産としてのバイオテクノロジーの世界的な協力による発展と倫理面を含めた国際的なルール作りが必要になってくる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    バイオテクノロジーにおける国家間の協調と競争(国際政経論レポート)
     現在のバイオテクノロジーの進歩はめざましいものがある。それは生命科学の大きな発達であり人類も含めて生命の神秘を解き明かすだけでなく巨大な技術革新であり社会と人々の生活を根底から変えるであろう。まずバイオテクノロジーは医療・健康、食料、環境、エネルギーという基礎分野に大きな影響を与えるであろう。医療、健康の分野では疾病の予防と治療、健康の維持に大きな貢献を果たし人々をより健康により長寿にするだろう。食料面では遺伝子組み換えなどの技術で低コスト、高品質、良食味な食料の生産を実現するだろう。環境、エネルギー分野ではバイオマスやバイオプロセスの利用技術の発展で環境負荷を大きく低減し生産技術を確立しエネルギー源を確保する。そして化石資源依存からの脱却の道が開かれるだろう。またこのような大きな変化に伴う経済効果も大規模なものとなる。バイオテクノロジーの応用によって新産業が勃興し既存の産業にも大きな影響がある。また製造プロセスや生産に対する考え方も変化これによって変化せざるを得ない。そしてこのようなバイオテクノロジーの産業へのイン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。