フランツ・カフカの「変身」の解釈

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,722
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、著者、フランツ=カフカについて
     「変身」の作者フランツ=カフカは1883年7月3日プラハにおいて生まれ、1924年6月3日ウィーン近郊のキールリングにおいて41歳で没した。
    彼はユダヤ人家系の商人の長男として誕生したのだが、当時のプラハ(現在はチェコの首都)はオーストリア=ハンガリー二重帝国の占領下にあり、そのため、この街の大多数はチェコ語を話すチェコ人であったが、支配者であるオーストリア人(ドイツ系)たちもドイツ語を話しながら生活をしているという状況にあった。またプラハに住むユダヤ人たちも、将来の生活や商業目的のためにドイツ語を使い始める人達が増えてきていた。フランツ=カフカの一家も例外ではなく、彼もドイツ語で教育を受け、ドイツ語で現実実存主義の先駆をなす傑作といわれる「変身」を執筆したのである。

    2、内容について
     この小説は主人公、グレゴール・ザムザがある朝突然「毒虫」となっているところから始まるが、この毒虫とは何を象徴しているのかについては無数に答えがあるらしい。私の答えとしては、この毒虫はカフカ自身のアイデンティティーそのものを被せたものであると解釈する。上記で述べたように筆者はユダヤ人であり、19世紀後半から20世紀前半にかけてはシオニズム運動やユダヤ人国家建設運動が激しくなった時期である。また彼の場合は国政の事情により多くの人がチェコ語を話す中でドイツ語を使うという、更に特殊な環境に置かれていた人物であり、本編で展開されるような毒虫へのつらい扱いは彼の孤立的な状況を比喩的に描き出しているのであろう。もちろん彼に限らず、当時のユダヤ人全体を象徴していると考えることもできる。そして本編中に人間として登場する人々はまさしくプラハにおけるユダヤ人以外の民族と見ることができるが、この作品の面白いところはグレゴールにとって身近な存在である家族までが他者として比喩されているところである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、著者、フランツ=カフカについて
     「変身」の作者フランツ=カフカは1883年7月3日プラハにおいて生まれ、1924年6月3日ウィーン近郊のキールリングにおいて41歳で没した。
    彼はユダヤ人家系の商人の長男として誕生したのだが、当時のプラハ(現在はチェコの首都)はオーストリア=ハンガリー二重帝国の占領下にあり、そのため、この街の大多数はチェコ語を話すチェコ人であったが、支配者であるオーストリア人(ドイツ系)たちもドイツ語を話しながら生活をしているという状況にあった。またプラハに住むユダヤ人たちも、将来の生活や商業目的のためにドイツ語を使い始める人達が増えてきていた。フランツ=カフカの一家も例外ではなく、彼もドイツ語で教育を受け、ドイツ語で現実実存主義の先駆をなす傑作といわれる「変身」を執筆したのである。
    2、内容について
    この小説は主人公、グレゴール・ザムザがある朝突然「毒虫」となっているところから始まるが、この毒虫とは何を象徴しているのかについては無数に答えがあるらしい。私の答えとしては、この毒虫はカフカ自身のアイデンティティーそのものを被せたものであると解釈する。上記で述べたよう..

    コメント1件

    maho0205 購入
    まさに読みたかった、変身の解釈とカフカのユダヤ人としての見方が書かれていて、とても参考になりました☆
    2006/01/02 1:27 (10年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。