Jリーグの人気は果たして衰えたのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数536
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     Jリーグの人気は果たして衰えたのかという疑問を検証するためにまず、Jリーグブームと呼ばれるJリーグ開幕当初の状況について考察する必要がある。
     「計算すると、毎日2億円もの宣伝費を使ったのと同じぐらい効果があったといいます。だから開幕前の3ヶ月で約200億円もの宣伝費を使ったのと同じことになります。マスコミがあれほど取り上げてくれなければブームにはならなかったと思います。」と、元Jリーグのチェアマンであり、現日本サッカー協会副会長の川淵三郎氏は語っている。それほどこぞってメディアはJリーグを取り上げたのである。普通はユニフォームに二つのスポンサーがつくのが普通なのだが、Jリーグの場合は三つものスポンサーがついていた。たとえばベルディ川崎は、公式戦ユニフォームの独占契約をしているミズノのほかに、マクドナルド、コカコーラがついていた。それらのスポンサーは多額の費用をJリーグ側に支払う代わりにテレビ、雑誌、ラジオなどあらゆる媒体に登場してJリーグ選手を起用した広告を載せる。最近、メディアやマスコミというとマイナスイメージにとりがちになってしまうが、日本が立ち上げたこの大きなプロジェクトを、たとえ自社の利益を追求したものであったにしても盛り上げた成果は賞賛に値するものである。こうして、Jリーグが華々しく開幕する準備は整った。そして、次に試合をテレビで放映することである。Jリーグはプロ野球とは異なり、チームではなく、Jリーグ自体がテレビ局と交渉する。Jリーグの人気は高まっていたため、テレビ局は競争して放映権を奪おうとして、中継数も増え、どんどんゴールデンタイムで放送を流した。一年目の視聴率は、平均して16%という高い数字を残した。結局、前期に全国中継されたのは21試合、後期ではさらに増えて32試合となった。チケットは売り切れが続出し、関連商品もさまざまなものが出された。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                           
    Jリーグの人気は果たして衰えたのかという疑問を検証するためにまず、Jリーグブームと呼ばれるJリーグ開幕当初の状況について考察する必要がある。
    「計算すると、毎日2億円もの宣伝費を使ったのと同じぐらい効果があったといいます。だから開幕前の3ヶ月で約200億円もの宣伝費を使ったのと同じことになります。マスコミがあれほど取り上げてくれなければブームにはならなかったと思います。」と、元Jリーグのチェアマンであり、現日本サッカー協会副会長の川淵三郎氏は語っている。それほどこぞってメディアはJリーグを取り上げたのである。普通はユニフォームに二つのスポンサーがつくのが普通なのだが、Jリーグの場合は三つものスポンサーがついていた。たとえばベルディ川崎は、公式戦ユニフォームの独占契約をしているミズノのほかに、マクドナルド、コカコーラがついていた。それらのスポンサーは多額の費用をJリーグ側に支払う代わりにテレビ、雑誌、ラジオなどあらゆる媒体に登場してJリーグ選手を起用した広告を載せる。最近、メディアやマスコミというとマイナスイメージにとりがちになってしまうが..

    コメント1件

    sh0804 購入
    いい参考になりました
    2007/01/13 20:57 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。