燃料電池の可能性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数301
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最先端技術として私は燃料電池を取り上げたい。燃料電池というと私は真っ先に環境に優しいエコカーを思い浮かべてしまう。FCHVについては授業で学んだとおり、ガソリン社会から水素社会へとスムーズに移行させるための製造・貯蔵技術の開発や水素ステーションなどのインフラの構築が課題であり、そのためには政府の援助も必要となるであろう。燃料電池を二輪車にも応用することも容易に可能であろう。私は去年ヴェトナムに旅行に行ったが、市内を通るスクーターの多さに驚いてしまった。もくもくと白い煙があがって空気も汚かった。燃料電池の使用を促進すると、大気汚染を引き起こさない運転が実現できるため環境保護に大いに役立つであろう。また、二輪車はもともと乗用車に比べると運転の際の騒音が大きい。この騒音問題も解決でき、日本から暴走族が激減するであろう。また、最近日本ではビッグスクーターブームであり、二輪車免許にオートマ限定も登場した。また今年から高速道路における二人乗りが認可される。そして海外でも交通渋滞を避けることができるため、フランスやドイツ、イタリア、イギリスなどではスクーターを購入する人が増えているので、燃料電池スクーターの需要は決して小さなものではないだろう。
     燃料電池による乗用車改革ではなく、その他の事業について私は考えたい。そのために『燃料電池』ではなく『電池』についてイメージしてみる。すると、私には充電してもすぐに残量が減ってしまう携帯電話のリチウムイオン電池を考えてしまう。そのうえ、今日の携帯電話は第3次携帯と称されるように、もはや『通話』ツールではなくなった。携帯電話が音楽プレーヤーになったり、ゲーム機やテレビになり、暇さえあれば携帯を覗き込んでいる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     最先端技術として私は燃料電池を取り上げたい。燃料電池というと私は真っ先に環境に優しいエコカーを思い浮かべてしまう。FCHVについては授業で学んだとおり、ガソリン社会から水素社会へとスムーズに移行させるための製造・貯蔵技術の開発や水素ステーションなどのインフラの構築が課題であり、そのためには政府の援助も必要となるであろう。燃料電池を二輪車にも応用することも容易に可能であろう。私は去年ヴェトナムに旅行に行ったが、市内を通るスクーターの多さに驚いてしまった。もくもくと白い煙があがって空気も汚かった。燃料電池の使用を促進すると、大気汚染を引き起こさない運転が実現できるため環境保護に大いに役立つであろう。また、二輪車はもともと乗用車に比べると運転の際の騒音が大きい。この騒音問題も解決でき、日本から暴走族が激減するであろう。また、最近日本ではビッグスクーターブームであり、二輪車免許にオートマ限定も登場した。また今年から高速道路における二人乗りが認可される。そして海外でも交通渋滞を避けることができるため、フランスやドイツ、イタリア、イギリスなどではスクーターを購入する人が増えているので、燃料電池ス..

    コメント1件

    buzzsongs002 購入
    参考になりました
    2007/07/27 1:48 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。